やっと撮影完了しました

へいよーぐっつなんとか

次動画の撮影がやっと終わりました。
長々とお待たせしてしまい大変恐縮しております。
もうしばらくお待ちくださいませm(__)m

土日忙しいので、まだいつアップできるかはちょっと分かりませんが、
がんばって作ってまいりますので、
熊塗り絵を楽しみつつお待ちいただければ幸いです。
茶と黒の2色あれば余裕でいけます。

熊塗り絵

撮影しております

新作用の動画を撮影しております。
いつぐらいにUPできるかは、まだちょっとわかりません。

熊

Twitterはじめてみました

そんなに頻繁にはやらないかもしれませんが
よかったら覗いてあげてください

http://twitter.com/opokopoko

ていけー

突撃レポート

今回、我々取材班の突然の訪問にも関わらず、
暖かく迎え入れてくれたおぽこ先生との対談をお送りします。
※ノリが非常にウザイのでご注意ください

─────本日はお忙しい中ありがとうございます

おぽこ先生:
いえ、こちらこそ。
取材とかは初めてなのでお手柔らかにお願いします(笑)

─────早速ですが、先生がニコニコへ動画を上げるようになったきっかけは?

おぽこ先生:
うーんなんだろう。もともと新しい物好きなところがあるので、
そういう気質がきっかけになってるんじゃないかと思います。

─────なるほど、特に明確な理由のようなものはないんですね

おぽこ先生:
ですね。ほんと、なんとなく始まったって感じです。
動画をアップして、いろんな反響もらえたら楽しいだろうなあと。

─────アップした動画で一番思い出深いものは?

おぽこ先生:
やはり、おっさんの大冒険ですね。ここまでご支援いただけるまでになるとは、
正直全く思っていませんでしたし。
パート1を上げた頃は、再生数が100を超えて感動してたぐらいですから(笑)

─────今や再生数何十万の動画になりましたね

おぽこ先生:
大変ありがたいです。みなさんのおかげです。

─────ずばり、次回作について教えてください

おぽこ先生:
やはりそこですよね(笑)実は、すでに構想は出来上がっています。
あとは作りこみになるんですが、ここ最近リアルで様々な変化が重なっていて、
作り始めては削除して、また作り直しては削除してを繰り返してます。
やはり、おっさん動画はみなさんに笑っていただいてこそだと思っているので、
かなりリラックスした、気分的に余裕ある時じゃないと、
なかなか面白いものは作れないんだなって感じてます。
お待たせしてしまっていて恐縮なんですけど、もうしばらくお待ちください。

─────面白い作品を作るための徹底したスタンスが人気の秘訣かもしれませんね

おぽこ先生:
いや、ほんとそこまで大げさなものでもないんで(笑)
でも面白いって思っていただけるよう、自分でも色々考えてはいるなって思います。

─────おっさんの大冒険で度々使われていますが、LINKIN PARKがお好きなんですか?

おぽこ先生:
リンキンはよく聴いてますね。
かなり昔の話になるんですけど、地元のビリヤード場で遊んでるとき、
よそのお客さんがジュークボックスで『IN THE END』をリクエストしたんですよ。
それを聴いた瞬間、ああ、こんなすごい曲があったのかって思いましたよ。
リンキン知らなかった今までの人生損してたな、みたいな(笑)

─────それにしては『IN THE END』はまだ動画で使われてませんが?

おぽこ先生:
温存してるんです(笑)いつか使う日がくると思います。
そうそう、よくコメントなどで曲名についての問い合わせがあるので、
おっさん動画で使っているBGMについて、この場を借りてリストアップしときます。
Part1:なし
Part2:『スリル/布袋寅泰』
part3:なし
Part4:『Numb/Linkin Park(Piano)』、『I Will Always Love You/Whitney Houston』
Part5:『Numb/Encore/Linkin Park & Jay-Z』
Part6:『Easier To Run/Linkin Park』

─────ありがとうございます。同様にバガボンドネタもよく見かけますね

おぽこ先生:
バガボンドは大好きです。最新刊は常に手の届く位置に置いてありますよ(笑)
さあ記者殿、剣があるつもりで構えてみられよ。

─────そのシーンもバガボンドでありましたね、ありがとうございます。

おぽこ先生:
この酔った小次郎に打ち込めぬようでは、フッ、見込み違いかな。

─────はは、バガボンドがよっぽどお好きなようで(笑)

おぽこ先生:
俺はここを出ない。自ら闘いを、敵を追い求めることはしない。
だが、それでもこの輪に入ってくる者に首を差し出すほど、出来た人間じゃねえ。

─────先生?

おぽこ先生:
去るならば追わん
来るならば斬る

─────なにこいつきめぇ

おぽこ先生:
ていけー